陶工房での製作の話や新作の陶作品、陶芸教室の話、東京青山のアートや新潟でのギャラリーのことなどアートにまつわる記録です。留学したスペインの情報も発信します。

陶芸工房 La Puerta 陶めぐり

.

益子陶器市 vol2

  1. 2011.11.09(水) _18:43:05
  2. アート
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
陶器市の続きです 個性派の作家さんの作品のご紹介です!

こちらはガラスでできた水です。蛇口から出ているのはガラスでできています。


DSC02091_convert_20111107194402.jpg


そしてお目当てはアトリエ蜻蛉のブースです。陶器とお洋服と一閑張りのバッグを展示販売しています。
特に一閑張りバッグは個性的でオリジナリティーあふれるデザインで、毎回モチーフのテーマが変わるので何個も欲しくなります。私も大、中、小の3個購入しました。このバッグ、東京銀座で持って歩くと必ずどちらのブランドと声をかけられます お茶席での菓子皿にも使われる一閑張りは竹籠に絵を描いた和紙を張り、カビ防止と防虫のための柿渋を塗り、さらに柿渋の褪色や汚れを防ぐための透明な漆を重ねています。たくさんの手間が費やされてできた本当に世界にただひとつのバッグです。
そんなわけで、新潟三条のギャラリー瑞門でも来年4月に展示会を企画しました。念願のこの展示会やっと実現です
来年春、お楽しみに
ではバッグのご紹介です


一閑張り
小サイズ


一閑張り
中サイズ A4サイズも入ります。
バッグの両サイドとも絵柄がちがうので楽しいです。着物はもちろん、どんな装いにもマッチします。流行のプリントワンピースなど柄ものにも驚くほど相性がいいのですしかも四季を問わず1年中持てますよ私のアイコンバッグとなっています。


最後は益子駅から乗ったディーゼル車 真岡鉄道の写真です

益子
なんと1両編成です。陶器市のお客さんでいっぱいでした








関連記事
スポンサーサイト
edit

<<秋深まる! | BLOG TOP | 益子陶器市にいきました!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP